40代のお肌、保水力は20代の半分以下?!

肌の内部にはヒアルロン酸という、保水力に優れた成分が存在します。肌が潤うことで、ツヤやハリを保ってくれるのですが、この成分は加齢と共に減少してゆくのです。
30代頃から徐々に減少してゆくのですが、40代になると急激に減り、20代に比べて半量ほどになると言われています。
ヒアルロン酸が減ることで、肌のハリが無くなってゆき、たるみのある顔になってしまうのです。
年齢と共に失われてゆくヒアルロン酸ですが、ビタミンCを摂取することで、その生成を促すことが出来ます。
ビタミンCは「美容のビタミン」「ビタミンの爆弾」などと言われ、元気な肌や細胞を作るのに欠かせない成分です。
食品やサプリメントなどで摂取を心がければ、ヒアルロン酸との相乗効果で、肌の保水力を高めて、美肌作りに貢献してくれます。
また、ヒアルロン酸入りの化粧水や美容液を利用するのも良いでしょう。化粧水などで使用しても、残念ながら肌の中までは浸透が難しいのですが、肌表面の保湿には貢献してくれます。保水力の高い肌は、乾燥などの外敵にも負けない強い肌となります。
スキンケア用品だけでなく、カラダに直接注入するヒアルロン酸注射なども注目されています。サプリなどの摂取に比べ、吸収が良く高い効果も期待できます。
これらの有効成分で肌の保水力を保ち、みずみずしい健康な肌をめざしましょう。
ミュゼ青森県